日本政府:EFSF債3億ユーロを購入-起債再開分の1割相当

日本政府は8日、救済基金の欧州 金融安定ファシリティー(EFSF)が再開した30億ユーロ(約3200 億円)の起債のうち1割相当の3億ユーロの債券を購入した。財務省 幹部が明らかにした。

日本政府は今年6月までの3回の起債で毎回2割程度の債券を購 入しており、今回分も合わせて総額30億ユーロとなる。

EFSFは2日、ギリシャの国民投票実施計画を受けた市場混乱 の中で起債を延期していた。今回の発行による調達資金はアイルラン ドの救済に充てる。EFSF債の発行総額は4回分で160億ユーロに 上る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE