香港は景気後退入り、7-9月GDP減少-予想トップのエコノミスト

世界経済の成長のバロメーター である香港経済が、7-9月(第3四半期)のマイナス成長で恐ら く景気後退(リセッション)に入ったとの見方を、大和証券キャピ タル・マーケッツとオーストラリア・ニュージーランド銀行(AN Z)が示している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。