オリンパス株ストップ安、過去の損失計上先送りが判明-粉飾懸念

内視鏡、デジタルカメラメーカー のオリンパス株が急落。同社はきょう午前8時40分すぎ、英ジャイラ ス社や国内3社の買収資金は過去の投資有価証券などの含み損を解消 するためなどに利用されていたことが分かった、と発表。第三者委員 会への調査協力の過程で判明したとしており、これまでの決算の信頼 性を懸念する売り圧力が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。