ユーロが下落、イタリアの政情混迷で売り圧力-ドル・円は小動き

東京外国為替市場では、ユーロが 対ドル、対円でじり安となった。イタリアの政情混迷を背景に、ユーロ 圏で3番目の経済大国である同国の債務管理への懸念が高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。