日本株続落、イタリア警戒し景気敏感業種売り-オリンパス急落拍車

東京株式相場は続落。急速に債務 不安が高まっているイタリア情勢が警戒され、電機など輸出関連、海 運や鉄鋼といった景気敏感業種、証券など金融株中心に幅広く売られ た。過去の損失計上先送りの事実が発覚したオリンパスはストップ安。 特に午後は同水準で売り気配を続け、株価指数先物にヘッジ売りとみ られる動きも出たため、全般の下げに拍車が掛かった。

TOPIXの終値は前日比12.42ポイント(1.7%) 安の738.03、 日経平均株価は同111円58銭(1.3%)安の8655円51銭。TOPI Xは10月6日以来、約1カ月ぶりの安値に沈んだ。

楽天投信投資顧問の大島和隆代表取締役は、ギリシャやイタリア で政局不透明感が高まっていることなどから、「投資家は欧州に対して 疑心暗鬼になっている」と指摘。今週に入り再び売買代金がやや低迷 しており、「市場は身動きが取れない状態だ」と話していた。

国際通貨基金(IMF)に緊縮財政実施の監視を要請するなど、 債務懸念が急速に高まるイタリアでは、予算関連の採決を8日に控え、 ベルルスコーニ政権が崩壊しつつあるとの見方から、7日の同国10 年国債利回りは6.5%を上回り、ユーロ導入以降の最高を記録した。 みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリストによると、「すぐにイ タリアの債務危機が訪れるということはないが、警戒感は高まってい る」という。

午後に先物主導で崩れる

欧州情勢の不透明感を背景に、きょうの日本株は朝方から景気敏 感業種を中心に売りが先行。午後に入ると、先物主導でじりじりと下 げ幅を広げた。為替市場で対ユーロを中心に円高方向の動きとなった ことが懸念されたほか、RCMジャパンの寺尾和之最高投資責任者は、 アジアの中で日本株の弱さが顕著だった点に振れ、「オリンパス株急落 の影響が出ているようだ」と指摘した。ストップ安売り気配の続くオ リンパス株を売るに売れない状況にあり、「先物などへのヘッジ売りが 影響している可能性もある」としていた。

そのオリンパスは午前の取引で一時制限値幅いっぱいストップ安 (300円)の734円となり、 1995年7月以来の安値水準まで急落。午 後に入ると再び売り注文が膨らみ、1時1分以降はストップ安売り気 配が続いた。同社は8日朝、英ジャイラス買収でファイナンシャルア ドバイザー(FA)に支払った資金や、国内3社の買収資金を、過去 の有価証券投資などの含み損の解消に利用していたことが判明したと 発表。また、証券取引等監視委員会は、過去の不透明な買収が問題と なっているオリンパスの調査にすでに乗り出している、と複数の当局 者が匿名を条件に明らかにした。粉飾決算や株式上場廃止の可能性を 懸念する売り圧力が強まった。

りそな銀行アセットマネジメント部の黒瀬浩一チーフ・エコノミ ストは、「こういう問題が1社だけだというのが確認されるまでは、機 関投資家は手を出さない」と指摘した。

業績下方修正にも敏感

個別では、業績下方修正に対する反応が敏感で、半導体機器事業 の低調で、12年3月期の連結純利益予想を従来の210億円から前期比 61%減の100億円に減額した大日本スクリーン製造が下落。昨日午後 に今期純利益予想を減額し、野村証券が目標株価を引き下げた住生活 グループは急落、東証33業種下落率2位の金属製品の下げを主導した。

このほか業種別指数では、証券・商品先物取引が52週安値を更新 し、圧倒的な下落率1位。岡三オンライン証券の伊藤嘉洋チーフスト ラテジストは、「オリンパスの損失先送りが記者会見で発表され、当時 関与したと思われる証券会社の名前がマーケットのうわさで取り沙汰 され、証券株全般に売りが出ているようだ。目先筋の思惑を呼んでい る」と話していた。

金属製品や海運、精密機器、鉄鋼、不動産、非鉄金属、卸売、銀 行、保険、電気・ガス、建設、機械、電気機器、輸送用機器など30 業種が下落。一方、パルプ・紙、食品、陸運の3業種が高い。

東証1部の売買高は概算で18億4598万株、売買代金は1兆124 億円。値上がり銘柄数が182、値下がりは1429。国内新興市場は、ジ ャスダック指数が前日比0.6%安の48.13、東証マザーズ指数が同

2.9%安の388.76とともに反落。個別では、大阪証券取引所が続伸。 米田道生社長が7日、東京証券取引所の斉藤惇社長と会談し、来年秋 に経営統合し、持ち株会社「日本取引所グループ」をつくることで基 本合意したと朝日新聞朝刊で報じられていた。

--取材協力:野原良明  Editor:Shintaro Inkyo

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 岩本正明 Masaaki Iwamoto +81-3-3201-8343  miwamoto4@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Nick Gentle +852-2977-6545 ngentle2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE