ユンケル議長:ギリシャへの次回融資、12月15日までに実行可能

ユーロ圏財務相会合(ユーログルー プ)のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)は7日、ギリシ ャの次期政権が救済策の条件を順守すると書面で約束すれば、12月中 旬までに第6弾の融資実行は可能だとの見解を明らかにした。

同議長はブリュッセルで開かれたユーロ圏財務相会合後、「ギリシ ャ政府が2大政党の党首の署名入りで10月26、27両日の決定が履行 され、新たなギリシャのプログラムが最も厳格な条件の下でのみ実現 可能であることを明記した書面を提出するなら、われわれは11月の早 い時期に決定を下し、80億ユーロ(約8600億円)の次回融資が12月 15日の前に実行できると予想している」と述べた。

同議長はまた、ギリシャ政府の誓約書が「週末」までに得られる 見込みだと語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Stephanie Bodoni in Brussels at +352-22-9999-5270 or sbodoni@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jones Hayden at +32-2-285-4312 or jhayden1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE