債券先物は5日続伸、株安で午後一段高-長期金利は1カ月ぶり低水準

債券先物相場は5営業日続伸。朝 方は超長期債が軟調に推移していたが、イタリアの財政問題に対する 懸念などで国内株価の下げ幅が拡大したことや流動性供給入札で需要 の強さが示されたことから午後に買いが優勢になった。長期金利は約 1カ月ぶりの低水準を付けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。