日銀はリスク資産10倍増や外債購入を、円高阻止急務-中原元審議委員

中原伸之元日本銀行審議委員は、 米連邦準備制度理事会(FRB)が量的緩和第3弾(QE3)に踏み 切れば、為替市場で円高・ドル安が一段と進行すると指摘。円高によ る国内製造業の空洞化を阻止するため、日銀はリスク資産の購入を10 倍に増やし、外債も購入するなど大規模な追加緩和を行うべきだとの 考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。