太陽光発電メーカーの大半、2015年までに消え去る可能性-トリナ

大手太陽光発電機器メーカーの大 半は向こう数年間に消え去る可能性があるとの見方を、太陽光パネル供 給で世界5位のトリナ・ソーラーが示した。価格下落で利ざやが縮小し 弱体化した企業が破綻するためとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。