香港行政長官:米ドル・ペッグ、人民元が完全交換性持つまでは継続

香港の曽蔭権(ドナルド・ツァン) 行政長官は、米ドルとのペッグ(連動)制について、少なくとも人民元 が完全に自由に交換できるようになるまでは維持する意向を明らかにし た。7日にニューヨークでのイベントで語った。「投機的な投資家は、 香港当局が現行のペッグ制廃止に動くことを期待しているのは承知して いるが、残念ながらそうした投資家は失望することになる。現在の状況 を維持する」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。