香港行政長官:世界経済のリセッション入りの可能性、「五分五分」

香港の曽蔭権(ドナルド・ツァン) 行政長官は、向こう1年、特に今後2四半期については、世界経済がリ セッション(景気後退)入りする可能性は「五分五分」との見方を示し た。7日にニューヨークでのイベントで語った。また香港のインフレに ついて、米ドルとのペッグ(連動)制が原因ではなく、「世界的な現象 だ」と指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE