NY原油(7日):上昇、3カ月ぶり高値-伊・ギリシャ新政権観測で

ニューヨーク原油先物相場は上 昇。3カ月ぶりの高値となった。欧州ソブリン債危機の中心となって いるイタリアとギリシャで新政権が誕生するとの見通しが手掛かりと なった。

イタリアのベルルスコーニ首相には辞任を求める圧力が強まって いる。同国の10年債利回りは、ギリシャとアイルランド、ポルトガ ルが救済の申請を強いられた水準である7%に接近した。ギリシャの パパンドレウ首相は連立政権が国際支援を確保できるよう、辞任する ことに同意した。

ドイツ銀行のエネルギー担当チーフエコノミスト、アダム・シミ ンスキー氏(ワシントン在勤)は「政治的な要因が注目され、需要と 供給は材料として二の次になっている」と指摘。「欧州の現行システ ムではイタリアやギリシャ、ポルトガル、スペインの財政難は手に余 るようだ。政権交代が必要になるとの見方がある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限は前 営業日比1.26ドル(1.34%)高の1バレル=95.52ドルで終了。 終値では7月29日以来の高値となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE