ECBシュタルク氏:救済策の規模拡大、危機解決にならない可能性も

欧州中央銀行(ECB)のシュ タルク理事は、救済パッケージの規模を拡大することは欧州のソブ リン債危機の解決にならない可能性があるとの見解を示した。

シュタルク理事は7日、スイスのルツェルンで開かれたパネル 討論会で、「拡大を続ける救済パッケージをさらに拡大する政策が 本当に問題の解決策になるのかどうかは分からない」と発言。「他 の国に資金を提供することは時間稼ぎだ」と述べた。

同理事はまた、アイルランドはギリシャとは「違った見方をさ れている」とし、なぜなら「必要な改革に対する政治的な意見の一 致があるからだ」と続けた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Simone Meier in Zurich at +41-44-224-4134 or smeier@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Gabi Thesing at +44-20-7673-2153 or gthesing@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE