仏政府:2012、13年で計186億ユーロの追加緊縮策-格付け防衛へ

フランスは7日、追加財政緊縮 策を発表、2012年と13年で計186億ユーロ(約1兆9958億円) 規模の増税と歳出削減を図る方針を明らかにした。欧州債務危機を背 景に成長が減速する厳しい状況の中で、トリプルAの最上格付けの防 衛を目指す。

フィヨン首相は7日、大企業に対する一部法人税と付加価値税 (VAT)の下限を引き上げるほか、社会保障給付を抑制する策を発 表した。

同首相は緊縮策について、「国民は腕まくりで本腰を入れる必要 がある」と述べ、「目的は1つだ。一部の欧州諸国が直面している深 刻な問題からフランス国民を守ることだ」と説明。フランスは低い借 り入れコストから恩恵を受けており、「われわれはこれを維持するた めに闘う」と付け加えた。

フランスは、今年8月に2012年を対象にした110億ユーロの緊 縮策を発表している。米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・ サービ スとスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、フランス の格下げの可能性を示唆している。

エグザンヌBNPパリバのチーフエコノミスト、ピエールオリ ビエ・ベフィ氏は、「財政引き締めに向けて最初の重要な一歩となる 今回の発表は、フランスで本格的な緊縮財政が始まりつつあることを 示している」と指摘した。

今回の追加緊縮策の内訳は、2012年に70億ユーロ、2013年が 116億ユーロとなっている。

原題:France Unveils EU18.6 Billion Plan for 2012, 2013 to Save AAA

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE