欧州投資銀:市中銀行通じた融資、向こう2年で約8兆円に拡大可能

欧州投資銀行(EIB)は欧州 連合(EU)の予算や各国政府から一段の支援が得られれば、銀行を 通じた企業融資を向こう2年間で740億ユーロ(約7兆9400億円) に拡大できる余地がある。EU文書の草案で明らかになった。

域内の財務相開合のために準備された同文書は、ユーロ圏の経済 成長見通しは「行き詰まっている」と指摘。銀行を通じた実体経済へ のEIB融資を「維持し、かつ可能な限り拡大する」ことが重要だと した。別の文書によれば、銀行による来年の社債発行を保証するため に、EUは各国政府の拠出金で賄われた機関を設立する可能性がある。

EIBに関する草案によれば、EIBのローンと他の助成金の組 み合わせを活用すれば、EIBは銀行を通じた融資を「ほとんど即時 に」年間240億ユーロへと、現行水準の約200億ユーロから拡大で きる。「リスク支援の資金」の起動がEU予算で認められ、あるいは EIBが資金注入を受けた場合には、一段の増加も可能になるかもし れないという。これらを合計すれば2年間の融資を最大740億ユー ロに拡大できる可能性があるとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE