加キャメコ:7-9月は62%減益-販売コスト上昇で利益が予想下回る

ウラン生産で世界最大手の加キ ャメコの7-9月(第3四半期)決算は利益がアナリスト予想を下回 った。販売コストがかさんだほか、売り上げが予想に届かなかった。

同社が7日、ウェブサイトに掲載した文書によると、純利益は 前年同期比62%減の3520万カナダ・ドル(1株当たり10セン ト)。前年同期は9390万カナダ・ドル(同25セント)だった。 外為デリバティブに伴う損失を除くベースで、1株当たり利益は26 セントと、ブルームバーグがまとめたアナリスト10人の予想平均 (32セント)を下回った。

ウランの販売量は29%増の720万ポンド。加TDニュークレ ストのアナリスト、グレッグ・バーンズ氏の予想(950万ポンド) を下回った。ウランの販売コストは1ポンド当たり27.59カナダ・ ドルと、前年同期の23.61カナダ・ドルから上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE