米BOA:「ピザハット」フランチャイズ運営のNPC売却へ

米銀バンク・オブ・アメリカ (BOA)は、宅配ピザチェーン「ピザハット」をフランチャイズ 運営する傘下のNPCインターナショナルを米プライベートエクイ ティ(PE未公開株)投資会社オリンパス・パートナーズが設立し た企業に売却することで合意した。BOAのブライアン・モイニハ ン最高経営責任者(CEO)は、同行の事業を絞り込んでいる。N PCはピザハットのフランチャイズ加盟者としては米最大手。

NPCが7日に規制当局に届け出たところによると、NPCの 債務は売却完了時に買い手企業が返済する。買収は12月28日ま での完了が見込まれている。

モイニハンCEOは、リテール(個人向け)および商業銀行の 顧客に焦点を絞る一方、ケネス・ルイス前CEOの下でBOAが買 収した事業の縮小を進めている。同行は2009年のメリルリンチ買 収に伴いNPCを受け継いだ。届け出によれば、メリルリンチはN PCを06年5月に6億1500万ドル(約480億円)で買収した。 NPCは1962年に創設され、1000店舗余りを展開している。

BOAはNPCを8億ドル余りで売却することで協議中だと、 話し合いに詳しい関係者2人が9月に明らかにしていた。BOAの 広報担当者、ジェリー・ドゥブロウスキー氏は今回の売却に関して コメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE