ボストン連銀総裁:FOMCは行動を、高失業率の引き下げで

ボストン連銀のローゼングレン 総裁は、「受け入れ難い高水準で根強く推移する」失業率を引き下げ るために米連邦公開市場委員会(FOMC)は行動を起こす必要があ ると述べた。米失業率は2009年4月以降、9%付近で推移してい る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。