中国人民元、対ドルで3週ぶり大幅安-中心レートを元安方向に設定

中国人民元は7日、ドルに対して 3週間ぶりの大幅安となった。20カ国・地域(G20)首脳会議を終え、 中国人民銀行(中央銀行)はこの日、元の中心レートを0.07%元安方 向の1ドル=6.3212元に設定した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上 海市場で0.19%安の6.3510元で終了。先月13日以来の大きな下げと なった。元は4日に一時6.3370元と、公定・市場レートを統合した 1993年末以降の高値を付けた。香港のオフショア市場で、元はほぼ変 わらずの6.3825元。

ブルームバーグが集計したデータによれば、人民元のノンデリバ ラブル・フォワード(NDF)は0.04%安の6.3525元。これは上海 スポット取引を0.02%下回る水準。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE