香港株(終了):下落、イタリア情勢を懸念-不動産株が安い

香港株式相場は下落。ゴールドマ ン・サックス・グループが中国株投資を推奨する一方で、イタリアの ベルルスコーニ政権が8日に予定されている重要法案の下院採決で過 半数を確保できないとの懸念が相場の重しとなった。

中国建設省傘下の不動産会社、中国海外発展(688 HK)は4.8% 安。住宅価格が下がるまで政府は不動産規制を緩めないことを温家宝 首相が示唆したとフェニックステレビが報じた。

中国最大の海洋油田会社、中国海洋石油(CNOOC、883 HK) は2.2%安。アルゼンチンの石油会社パン・アメリカン・エナジーへ の出資計画が白紙になったことが響いた。

英銀HSBCホールディングス(5 HK)や中国のインターネット 会社、テンセント・ホールディングス(騰訊、700 HK)、米ウォルマー ト・ストアーズなどの小売企業に玩具や衣料品を納入する香港のリ ー・アンド・フォン(利豊、494 HK)も値下がりした。

BNPパリバ・ウエルス・マネジメントのアジア担当シニア投資 ストラテジスト、アンドルー・フレリス氏(香港在勤)はブルームバ ーグテレビジョンとのインタビューで、「株式相場はボラティリティ (変動率)が非常に高い状態が続くだろう」と述べた上で、投資家は 「株式から資金を引き揚げ、債券に集中すべきだ」と呼び掛けた。

ハンセン指数は前週末比164.90ポイント(0.8%)安の19677.89 で終了。一時は0.7%高まで上昇した。ハンセン中国企業株(H株) 指数は前週末比0.6%安の10646.75で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE