経団連会長:イタリアは心配ない-TPP、農業への悪影響回避は可能

米倉弘昌経団連会長は7日、都内で 開いた定例会見で、緊縮策実施について国際通貨基金(IMF)の監視 を受けることになったイタリアの債務問題について、「イタリアは規模 が大きい。G7の中の1国であり、大丈夫ではないか」との見方を示し た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。