スズキ:インド販売は前年並み確保、120万台-ストや景気影響も

スズキの鈴木修会長兼社長は7日 の決算会見で、労働争議などで12万台のマイナス影響があったインド 市場について、年間の販売は前年並みの120万台を確保できる見通し を示した。マルチ・スズキ・インディアの販売では労働争議で4.5万 台、金利引き上げなどの景気動向で7.5万台の影響を見込んでいる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。