米バフェット氏:15年ぶり高額投資、株式増額で7-9月期に1.9兆円

資産家ウォーレン・バフェット氏 率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは7-9月(第3 四半期)に239億ドル(約1兆8700億円)を投資した。投資額は少な くともここ15年で最高だった。バフェット氏は株式購入を増やし、消 費関連・金融株以外にも投資先を拡大した。

バークシャーが4日の届け出で明らかにしたところによると、第 3四半期の株式購入額は約70億ドルで、4-6月(第2四半期)の 36億2000万ドルや1-3月(第1四半期)の8億3400万ドルから大 幅に上積みした。「商工業その他」の分類の株式は62%増え、取得コ ストベースで62%増え174億ドルとなり、金融と消費関連企業株を上 回った。

バークシャーに投資しているガードナー・ルッソ・アンド・ガー ドナーのパートナー、トーマス・ルッソ氏は、バフェット氏には「何 かが見えている。大きい何かがだ」と述べた。

第3四半期は欧州債務危機や格付け会社スタンダード・アンド・ プアーズ(S&P)による米格下げなどで株価が四半期として2008 年以来の大幅下落だった。バークシャーの届け出によれば、第3四半 期投資は、株式69億ドル、米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)の 優先株とワラント50億ドル、約90億ドル相当での潤滑油添加剤大手 の米ルブリゾール買収など。

バフェット氏は飲料最大手のコカ・コーラや住宅金融大手のウェ ルズ・ファーゴなどに20年以上投資している。

バークシャー株を保有するヘンリー・アームストロング・アソシ エーツのジェームズ・アームストロング社長は「バフェット氏は消費 関連と銀行を工業会社より好んできたが、市場は変わるのでバフェッ ト氏が買う会社も変わってくる」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE