豪ドル:対米ドルで上昇分吐き出し、欧州危機の波及懸念-対円で下落

豪ドルは7日、取引初めの上昇 分を吐き出す展開となっている。欧州ソブリン債危機がイタリアに波 及するとの懸念から、リスクの高い資産の需要が後退した。

豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルはこの日初め、ギリシャ のパパンドレウ首相が連立政権樹立に向け辞任することに合意したこ とで、今後同国は国際的な支援確保を図ることになるとの見方が広が り、上昇していた。豪ドルは対円では下落。10月の求人広告件数が減 少したことに加え、デロイト・アクセス・エコノミクスが、政策変更 がなければ同国の財政収支は2012年7月-13年6月期での黒字復帰 は難しいとの見通しを示したことが響いた。

野村ホールディングスの外為セールス担当エグゼクティブディレ クター、カート・マグナス氏は「ギリシャからは前向きなニュースも 聞かれたが、焦点は現在徐々にイタリアに移っている」と述べ、「欧 州問題でセンチメントが悪ければ、豪ドルとNZドル相場は低迷する」 との見方を示した。

豪ドルはシドニー時間午後4時24分(日本時間同2時24分)現 在、1豪ドル=1.0363米ドルとほぼ変わらず。一時0.5%高を付けて いた。対円では0.3%安の1豪ドル=80円96銭。NZドルは対米ド ルで0.4%高の1NZドル=0.7967米ドル。対円でも0.2%高の62 円24銭。

-- Editors: Jonathan Annells, Rocky Swift

参考画面: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net     Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Mariko Ishikawa in Tokyo at +81-3-3201-3654 or mishikawa9@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Rocky Swift at +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE