インドネシア経済:7-9月成長率、4四半期連続の6%超(1)

インドネシア経済は7-9月(第 3四半期)に4四半期連続で6%を超える成長率を記録した。世界的 な景気減速の影響を消費と投資が和らげた。

インドネシア中央統計局が7日発表した7-9月期の国内総生産 (GDP)は前年同期比6.54%増加。ブルームバーグ・ニュースが エコノミスト16人を対象にまとめた調査の中央値では、6.6%増と 見込まれていた。4-6月(第2四半期)は6.52%成長(改定値) だった。

ダナレクサ・セクリタス(ジャカルタ)のエコノミスト、ダムフ リ・ナスション氏は統計発表前に、「世界的な状況の影響は輸出と投 資を大きく損ねてはいない。一方、インフレ鈍化が購買力と個人消費 を高めた」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE