円売り介入、7-9月期は8月4日の対ドルのみ-単日で過去最大

政府・日本銀行が7-9月期に為 替介入したのは8月4日だけだった。円売り・ドル買いのみで、介入 額は4兆5129億円。単日では昨年9月15日の2兆1249億円を上回り、 過去最大となった。財務省が8日発表した外国為替平衡操作(為替市 場介入)の実施状況で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。