来年後半「新興国バブル」も、4大経済国が調達通貨に-JPモルガン

JPモルガン・チェース銀行の債 券為替調査部長、佐々木融氏は、欧州債務問題が収束し、来年後半に リスクオン(選好)の流れとなれば、米国、ユーロ圏、日本、英国の 4大経済国が「資金調達国」となり、新興国や資源国に資金が殺到す る「新興国バブル」が発生する可能性があるとみている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。