天皇陛下が入院、気管支炎で-皇太子殿下が国事行為を臨時代行

宮内庁は6日、天皇陛下が同日夜 から東大病院(東京都文京区)に入院されたと発表した。発熱が続き気 管支炎が重くなってきたため、大事をとったという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。