天皇陛下が入院、気管支炎で-皇太子殿下が国事行為を臨時代行

宮内庁は6日、天皇陛下が同日夜 から東大病院(東京都文京区)に入院されたと発表した。発熱が続き気 管支炎が重くなってきたため、大事をとったという。

藤村修官房長官は7日午前の会見で、同日から当分の間、国事行為 を皇太子殿下が臨時代行することを明らかにした。藤村氏によると午前 10時前に臨時代行が開始しており、陛下のご病気による臨時代行は今 回2回目という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE