ベルルスコーニ連立政権の過半数確保に危機-身内からの反逆相次ぐ

イタリア下院で8日に予定されて いる予算関連の重要法案の採決を控えて、ベルルスコーニ首相率いる 連立政権の過半数確保が危うくなってきた。欧州の債務危機波及によ りイタリアの借り入れコストがユーロ導入後の最高水準を付けたこと で、身内から辞任を求める声が出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。