「民主主義」に賭けたギリシャ首相、瀬戸際政策のギャンブル裏目に

パパンドレウ首相は、古代ギリシ ャにさかのぼる同国の最も古い伝統である「民主主義」でイチかバチ かの賭けを行った。デフォルト(債務不履行)を回避する欧州の救済 策を引き出した過去の成功を再現することはできず、首相の今回の思 い付きは自らが政権を去る結果を招いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。