ユーロが下落、イタリアの政局不透明感重し-ドル・円は78円台前半

東京外国為替市場では、ユーロの 上値が重い展開となった。イタリアの政局不透明感を背景に財政再建 の先行き懸念が生じており、ユーロ圏内の債務問題に対する警戒感か らユーロの売り圧力が戻った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。