債券先物続伸、欧州債務問題の不透明感継続-入札控え超長期債に売り

債券市場で先物相場は小幅ながら 4営業日続伸。20カ国・地域(G20)首脳会議で、債務危機収束に向 けた欧州の取り組みを支援する具体的な合意が成立せず、先行き不透明 感が継続していることが支援材料。半面、あす8日の流動性供給入札や 10日の40年債入札を控えて、超長期債に調整の売りが出た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。