英リーチAim:アジアでファンド買収を検討、3億ドル獲得目指す

英ヘッジファンドのリーチAimパ ートナーズは、アジアでファンドの買収や合併を検討している。同地域 での事業規模の拡大が狙いで、独自ファンドの設定とも合わせ、今後2 年で2億-3億ドル(156億-261億円)の資金獲得を目指す。

クリストフ・リーチ会長兼最高経営責任者(CEO)は、このほど インタビューで買収や合併について、現在は「研究段階」で、提携の選 択肢も含め候補先を探していると述べた。リーチAimは今年1月にシ ンガポールに進出し、ファンドを設定している。

リーチAimは06年に設立。米マリナーキャピタルの買収や、ロ ーチェスター・ファンドとの合併、CBREとの合弁による不動産ファ ンドなどで拡大してきた。現時点の運用総額は4億ドル。アジアでの運 用規模は現在、数万ドルという。

リーチ氏は、アジアでは独自の戦略で資金を運用する方針を表明。 特に日本については「成熟し、専門的で競争の激しい市場」と位置づけ 他のアジア市場とは異なるアプローチが必要との認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE