IMM通貨先物:円買い越しが大幅減、介入受け4カ月ぶりの低水準

米商品先物取引委員会(CFTC) によると、シカゴマーカンタイル取引所(CME)国際通貨市場(I MM)では、円の買い越し幅が大幅縮小し、4カ月ぶりの低水準とな った。日本政府が10月31日に実施した円売り介入を受け、円の買い 持ちが急減した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。