スイス中銀総裁:フラン高抑制で行動の用意-NZZ紙日曜版

スイス国立銀行(中央銀行)のヒ ルデブランド総裁は、通貨スイス・フランの上昇でデフレリスクが高 まり自国経済が脅かされる場合に備えて引き続き行動する用意を整え ていることを明らかにした。

6日付のスイス紙ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング(NZ Z)日曜版によると、ヒルデブランド総裁は2日のインタビューで、 スイス中銀がフランの「一層の下落」を期待していると発言。「そう ならない場合は、デフレ進行につながり、経済に重圧がかかる恐れが ある。われわれは経済見通しやデフレの進行によって必要が生じる場 合に備え、一段の措置を講ずる用意がある」と述べた。

スイス中銀は9月6日、フランが過去1年で17%強上昇したの を受け、フランの対ユーロ相場に1ユーロ=1.20フランの上限を設 定した。同総裁はこの上限を引き上げる可能性の有無についての質問 に対し、同中銀は「データを注視しており、必要なら追加策を講じる」 と答えたものの、詳細には言及しなかった。

フランは8月9日に対ユーロで史上最高値1.0075フランを付け た。上限導入後は1.20-1.2474フランのレンジで推移している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE