ECBにはイタリア国債購入を停止する自由ある-メルシュ氏

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバー、ルクセンブルク中銀のメルシュ総裁は、条件がもはや満たさ れなくなった場合、ECBにはイタリア国債の購入停止を決める自由が あると指摘した。6日付のイタリア紙スタンパに掲載されるインタビュ ーで述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。