【今週の債券】長期金利0.9%半ばも、欧米不透明感で1年ぶり低水準

今週の債券市場で長期金利は約1 年ぶりの低水準となる0.9%台半ばをうかがう展開が予想されている。 欧米で金融や景気をめぐる先行き不透明感が根強いことから、投資家 の債券残高を積み増す需要が拡大するとみられていることが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。