S&P500種とダウ平均、指数事業を統合-マグロウヒルやCMEなど

出版などを手掛けるマグロウヒルと 取引所運営のCMEグループ、ニューズ・コープ傘下ダウ・ジョーンズ の米3社は、株価などの指数事業を統合することで合意した。S&P 500種株価指数とダウ工業株30種平均が共通の所有者によって運営され ることになる。

4日の発表資料によると、新規事業の受け皿となる共同会社には、 マグロウヒルが73%、CMEが24.4%、ニューズが残りを出資する。売 上高は年間4億ドル(約310億円)強、運営する指数をベンチマークと している投資資産は約6兆ドルに上る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE