ムーディーズ:キプロスの格付け、投機的水準の手前まで引き下げ

米格付け会社ムーディーズ・インベ スターズ・サービスは4日、キプロスの格付けを投資適格級の最も低い 水準に引き下げた。同国の銀行システムの支援や緊急資金援助の要請を 余儀なくされるとの見方が背景。

ムーディーズは資料で、キプロスの格付けを「Baa1」から「B aa3」へと2段階引き下げたと発表。同国の銀行は保有するギリシャ 国債の評価損計上に伴い政府に支援を要請する「可能性が極めて高い」 としている。また、増加する債務に対処する「制度面での能力が予想以 上に弱い」ことも格下げの理由だと述べた。

ムーディーズのアナリスト、サラ・カールソン氏(ロンドン在勤) は4日の電話取材で、「キプロスの銀行はギリシャへのエクスポージャ ーが高い」と話した。

スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10月27日に、キプロ スの長期ソブリン格付けを「BBB+」から「BBB」に引き下げ、さ らなる格下げの可能性を指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE