11月4日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロ反落、G20の欧州支援合意ならず売り

ニューヨーク外国為替市場ではユーロがドルに対して反落。週間 ベースでは約2カ月ぶりの大幅安。欧州債務危機封じ込めに向けた資 金面での支援で、20カ国・地域(G20)首脳会議が合意できなかっ たことが背景。

ドルは主要16通貨のうち14通貨に対して上昇。米労働省が4 日に発表した10月雇用統計では、非農業部門雇用者数の伸びが市場 予想に達しなかったものの、失業率が低下したことが好感された。カ ナダの雇用統計は予想外の雇用減を示し、これを受けてカナダ・ドル は下落した。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの為替ストラテジスト、マー ク・マコーミック氏(ニューヨーク在勤)は「G20と欧州が依然と してニュースの中心となっており、新規のポジションをとったり、リ スクを高める戦略は敬遠されている」と説明。「ドルには引き続き好 材料だ。国際協調でユーロ圏の債務問題を本質的に解決することはで きない」と述べた。

ニューヨーク時間午後3時43分現在、ユーロはドルに対し前日 比0.4%安の1ユーロ=1.3772ドル。一時0.8%安まで下げる場面 もあった。円はユーロに対して0.3%高の1ユーロ=107円63銭。 ドルは対円で0.1%上げて1ドル=78円17銭となっている。

ユーロと円を含む主要6通貨に対するインターコンチネンタル取 引所(ICE)のドル指数は0.3%上昇して76.984。商品相場の反 発を受けてユーロは下げ幅を縮小した。商品19銘柄で構成するロイ ター・ジェフリーズCRB指数は0.1%上昇。一時0.5%下げる場面 も見られた。

リスク意欲かドル選好か

ドルは週間ベースでユーロに対して2.7%上昇し、約2カ月ぶり の上昇率となった。ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念や、ソ ブリン債危機によるユーロ圏の成長鈍化観測を背景に、比較的安全資 産とされるドルが買われた。

オンライン為替取引会社GFTフォレクスの調査ディレクター、 ボリス・シュロスバーグ氏(ニューヨーク在勤)は、「リスクを高め たい衝動とドル選好の動きが拮抗(きっこう)している」と指摘。「非 農業部門雇用者数は比較的良好だった。上方修正も加わり若干明るさ が増した。大西洋を挟んだ欧州の動向が影を差している」と述べた。

米労働省が4日に発表した10月の雇用統計によると、非農業部 門雇用者数は前月比8万人増。8、9月の増加数は両月合わせて10 万2000人上方修正された。失業率は9%と、前月の9.1%から6カ 月ぶり低水準に下がった。

G20合意できず

バンク・オブ・ノバスコシアの為替戦略責任者、カミラ・サット ン氏(トロント在勤)は電話インタビューで、雇用統計について「第 一報は期待を裏切るものだったため、市場は混乱した。ただし詳細を 見れば上方修正などが入ったこともありそれほど悪材料とはとられな かった」とし、「玉石混交だった。そのため若干の混乱が生じた」と 述べた。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関通貨加重指 数によれば、ユーロは過去6カ月間で先進9カ国通貨に対して3.6% 下落。ドルは4.3%、円は6.2%それぞれ上昇した。一方カナダ・ド ルは2.6%下落した。

フランスのカンヌで開かれているG20最終日の4日、ドイツの メルケル首相は、世界各国の政策当局者らは欧州救済基金への拠出に つながり得る国際通貨基金(IMF)への新たな資金拠出で合意でき なかったと述べた。フランスのサルコジ大統領は、合意には来年2月 までかかる可能性があるとの認識を示した。

◎米国株:下落、S&P500種は週間で9月以来最大の下げ

米株式相場は下落。米雇用統計で失業率の小幅低下が示されたも のの、欧州の混乱をめぐる懸念を背景に売りが優勢となった。S&P 500種株価指数は週間ベースでは9月以降で初の下落。

銀行バンク・オブ・アメリカ(BOA)が安い。バランスシート の強化計画を発表したことで、株式希薄化に対する懸念が再燃した。 保険のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)も下落。 7-9月(第3四半期)決算が2009年以来最大の赤字となったこと が嫌気された。投資銀行のジェフリーズ・グループは一時7.4%安 まで下げたが、その後反転した。欧州関連の投資について開示を増や すと表明したことが好感された。取引初日となった共同購入クーポン サイトのグルーポンは大幅高。

S&P500種株価指数は前日比0.6%安の1253.23。一時は

1.8%安まで下げた。週間では2.5%安。ダウ工業株30種平均はこ の日61.23ドル(0.5%)下げて11983.24ドル。

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO) のモハメド・エラリアン最高経営責任者(CEO)は、電子メールで 「きょうの雇用統計に懸念を和らげる効果はほとんどない」と指摘。 「20カ国・地域(G20)首脳会議でまず示唆されるのは、比較的た やすい問題でさえ合意が難しくなっていることだ。もっと難しい問題 でG20の協調が必要となった場合を考えれば、良い兆しとはいえな い」と述べた。

米国株は今週初め、ギリシャのパパンドレウ首相が政権への信任 投票と救済策についての国民投票を実施する方針を示したことが嫌気 され、大きく下落。その後、ギリシャが国民投票の方針を撤回し救済 受け入れに近づいたとの見方から3日には反発していた。

米雇用統計

G20首脳会議では、ユーロ圏救済を支援するための国際通貨基 金(IMF)への資金拠出で合意できなかった。

米労働省が4日に発表した10月の雇用統計によると、失業率は 9%と、前月の9.1%から低下した。また非農業部門雇用者数は前 月比8万人増だった。シティグループ経済サプライズ指数は18.7と、 4月以来の高水準。同指数は6月3日はマイナス117.2に低下し、 経済指標がエコノミスト予想中央値を2009年1月以降で最も下回っ たことを示唆した。

フィラデルフィア・トラストの最高投資責任者(CIO)、リチ ャード・シーシェル氏は電話インタビューで、「結論から言えば、米 国の雇用は改善しつつある。だが欧州の懸念を打ち消すには不十分だ」 と指摘。「雇用統計はまあまあ良かった。特に改定値も加えて考えれ ば良い内容だったといえる。ただそれでも、欧州の問題が消え去るこ とはない」と続けた。

BOA

S&P500種の金融株は主要10業種中で最大の下げ。KBW銀 行指数は1.5%安。構成する24銘柄中21銘柄が下げた。

BOAは6.1%安の6.49ドル。同行は前日、優先証券を合わせ て60億ドルの普通株と社債に交換する可能性を示唆。計画が実施さ れれば、利払いや配当のコスト削減につながり、資本レベルの上昇が 見込まれる。また発行済み証券の価格が下げていることを利用し、新 たに株式4億株と優先債30億ドルを発行することも検討している。

ロッチデール・セキュリティーズのアナリスト、リチャード・ボ ーブ氏は電話インタビューで、「株主の持ち分が希薄化しそうだが、 それは取るに足らない問題だ」とし、「大きな問題は、新株発行はし ないとこれまで言ってきたことであり、投資家にとっては言行が一致 しないことがあまりに多い」と指摘した。

AIGは2.9%安の23.91ドル。ジェフリーズは0.5%高の

12.07ドル。グルーポンは31%高の26.11ドルだった。

◎米国債:上昇、ソブリン債危機収束の具体策がまとまらず

米国債相場は上昇。20カ国・地域(G20)首脳会議では、ソブ リン債危機の収束に向けた欧州の取り組みを支援する具体的な合意は 成立しなかった。この結果、安全逃避先としての米国債が買いを集め た。

週間ベースでの10年債利回りの下げは8月以来で最大となっ た。フランスのカンヌで開かれているG20最終日の4日、ドイツの メルケル首相は、世界各国の政策当局者らは欧州救済基金への拠出 につながり得る国際通貨基金(IMF)への新たな資金拠出を約束 する前に、10月27日に合意した救済策の具体的な内容を待ちたい と述べた。ギリシャのパパンドレウ首相は、4日夜に議会の信任投 票を控えている。この日の朝方、米労働省が発表した10月の雇用 統計で失業率がやや低下したことに反応し、米国債利回りは一時上 昇する場面もあった。

みずほセキュリティーズUSAの米国債トレーディング責任者、 ジェームズ・コンビアス氏(ニューヨーク在勤)は、「欧州への不 安と心配が圧倒的だ」と述べ、「システム全体が影響を受けている。 投資家はショートのままで家路につきたくはないだろう」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク 時間午後4時59分現在、10年債利回り前日比4ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)低下の2.03%。同年債価格(表面利率

2.125%、償還期限2021年8月)は11/32上げて100 26/32。 週間ベースで10年債利回りは28bp低下と、8月12日以来で最 も大幅な下げとなった。

30年債利回りは前日比3bp下げて3.09%。一時は6bp 上昇する場面もあった。週間ベースでは9月23日以来で最大とな る28bp下げた。

年初来リターンは8.5%

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのデータによると、年 初来の米国債リターンは8.5%。これは金融危機の真っ只中にあっ た2008年の同14%以来で最高となっている。

ボラティリティ(変動性)の指標とされるメリル・オプショ ン・ボラティリティ・エスティメート(MOVE)指数は前日に 109と、8月8日につけた年初来で最高の117.18に接近した。 年初来の平均は93.13となっている。

ブルームバーグが銀行や証券会社を対象に調査したところによ ると、10年債利回りは年末までに2.24%へ上昇すると予想されて いる。

ギリシャ政局

ギリシャのパパンドレウ首相は、大連立内閣の樹立を提案した が、最大野党がこれを拒否した。総選挙実施の可能性が高まってお り、その場合、デフォルト(債務不履行)回避に必要な国際支援の 供与が遅れる可能性がある。

ギリシャは国民投票を実施しないことから、同国のユーロ離脱 は回避されたとみられるものの、政局混迷がギリシャを欧州連合加 盟国初のデフォルトに近づけつつある。

10月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数(事業所調査、 季節調整済み)は前月比8万人増。ブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミストの予想中央値では9万5000人増が見込まれて いた。家計調査に基づく10月の失業率は9%に若干低下した。前 月は9.1%。

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMC O)で世界最大の債券ファンドを運用するビル・グロース氏は米経 済について、実質賃金がほとんど上昇しない「雇用なき弱々しい回 復」の途上にあるとの見解を示した。

◎NY金:3日ぶり下落、ドルの持ち直しで代替需要が後退

ニューヨーク金先物相場は3日ぶりに下落。ドルが持ち直したこ とから、代替投資先としての金の需要が後退した。

ドルは主要6通貨のバスケットに対して一時0.8%高。ドイツ のメルケル首相は、20カ国・地域(G20)首脳会議では国際通貨基 金(IMF)の資本増強策で合意することができなかったことを明ら かにした。欧州債務危機の食い止めに向け一段の支援を提供する計画 が妨げられる格好となった。

ビジョン・ファイナンシャル・マーケッツ(シカゴ)の金属トレ ーディング担当ディレクター、デーブ・メーガー氏は電話インタビュ ーで、「この日はドルの動向を背景に金は落ち着いた動きだ」と指摘。 「G20首脳が何か具体策を発表するとの期待がある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前日比0.5%安の1オンス=1756.10ドルで終了した。 週間では0.5%高と、2週連続の上昇。

◎NY原油:上昇、雇用統計で-週間は09年来最長の5週連続高

ニューヨーク原油先物相場は上昇。10月の米失業率が低下した ことで、燃料需要の拡大につながるとの観測が強まった。週間では過 去約2年半で最長の上昇局面となった。

米労働省が発表した10月の雇用統計によると、失業率は9%に 若干低下した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値 は9.1%だった。20カ国・地域(G20)首脳会議が欧州債務危機へ の対応につながる国際通貨基金(IMF)の資本増強策で合意できな かったことを背景に、原油は一時下落する場面もあった。

オイル・アウトルックス・アンド・オピニオンズのカール・ラリ ー社長は、「回復の兆しがみられるという意味で、雇用統計は経済に とってポジティブだ」と指摘。「欧州情勢が強気な兆候になるのか弱 気な兆候になるのか分からない。今後の欧州の行動次第だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限は前 日比19セント(0.2%)高の1バレル=94.26ドルで終了。終値で は8月1日以来の高値となった。週間では1%の上昇と、09年4月 3日終了週以降で最長の5週連続高。

◎欧州株:反落-IMF強化でG20合意なし、リセッション懸念

4日の欧州株式相場は反落。ストックス欧州600指数は週ベース で6週ぶり下落となった。20カ国・地域(G20)首脳会議が国際通貨 基金(IMF)の資金基盤強化で合意できなかったことが材料視され たほか、予想外に低下したドイツの製造業受注指数が欧州リセッショ ン(景気後退)入りの懸念をあおった。

フランスの通信機器メーカー、アルカテル・ルーセントは約2年 ぶりの安値。通期の利益率見通し引き下げが嫌気された。ドイツのコ メルツ銀行は6.3%安。同行がこの日発表した7-9月(第3四半 期)決算は、保有するギリシャ国債での評価損が響いて赤字となった。

ストックス欧州600指数は前日比1%安い239.76で終了。今 週全体では3.7%下げ、9月23日以来で初の週間下落となった。ギ リシャのパパンドレウ首相が同国向け救済策の是非を問う国民投票計 画を週初に突然呼び掛けたため、無秩序なデフォルト(債務不履行) が引き起こされるとの懸念が高まったためだ。計画は撤回されたが議 会では4日夜に政権の信任投票が行われる。

クーツ(チューリヒ)の投資戦略責任者ジャンモーリス・ラデュ レ氏は「ギリシャの最新情勢と今回のG20サミットの結果を投資家 はこの週末に消化しなければならないだろう」と述べ、「そのため、 様子見モードが続く公算が大きい」と説明した。

ドイツのメルケル首相はG20サミットがフランスのカンヌでこ の日閉幕した際、世界各国は1週間前にまとまった救済パッケージの 詳細をまず待ってから、欧州救済基金への拠出につながり得るIMF への新たな資金拠出を約束する姿勢だと説明。フランスのサルコジ大 統領は、合意には来年2月までかかる可能性があるとの認識を示した。

一方、独経済技術省が発表した9月の製造業新規受注指数(季節 調整済み)は前月比4.3%低下し、3カ月連続のマイナスとなった。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト34人の調査中央 値では0.1%上昇が見込まれていた。

この日の西欧市場では、18カ国中15カ国で主要株価指数が下 落。アルカテル・ルーセントは17%安の1.67ユーロと、2009年 7月以来の安値で終了。コメルツ銀の終値は1.64ユーロ。

◎欧州債:独10年債上昇-イタリア債下落、IMF監視入りで

4日の欧州債市場でドイツ10年債相場が上昇し、週間ベースでは 1989年以降で最大の上げとなった。ユーロ圏の景気減速に加え、20 カ国・地域(G20)首脳が国際通貨基金(IMF)の資本増強で合意 できなかったことが手掛かりとなった。

イタリア10年債利回りはこの日、1990年代後半以降の最高に 達した。ベルルスコーニ伊首相がIMFの金融支援提供を断り、同国 が進める債務削減策のIMFによる監視について合意したことが背景 にある。スペイン国債も軟調。欧州中央銀行(ECB)のシュタルク 理事は同日、10-12月(第4四半期)がゼロ成長となる可能性があ ると述べた。

ギリシャではパパンドレウ首相に対する信任投票を控え、同国の 2年債利回りは100%超える水準にとどまった。

クレディ・スイス・グループ(チューリヒ)の債券ストラテジス ト、ラスムス・ロウジング氏は「全般的な安全を求める動きがドイツ 国債の利回りを低く抑えている」と述べた。イタリアとスペインの景 気見通しがさらに弱まれば、両国経済と債務脱却からの取り組みへの 圧力が増すとの見方を示した。

ロンドン時間午後4時39分現在、独10年債利回りは前日比9 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.83%。同国 債(表面利率2.25%、2021年9月償還)価格は0.775上げ

103.765。前週末比では34bp下げ、ブルームバーグがデータ収集 を始めた1989年以降で最大の低下となった。

独2年債利回りは前日からほぼ変わらずの0.40%。これは過去 最低まで8bp未満の水準。

ドイツ製造業受注

独経済技術省が4日発表した9月の同国の製造業受注指数は前 月比4.3%低下し、3カ月連続でマイナスとなった。エコノミスト調 査では0.1%上昇が見込まれていた。マークイット・エコノミクスが 同日発表した10月のユーロ圏総合景気指数の改定値は46.5と、前 月の49.1を下回り、2年4カ月ぶり低水準を付けた。同指数はユー ロ圏のサービス業と製造業の活動を示す。

イタリア国債の2年物利回りは前日比25bp上昇の5.47%。 10年物利回りは16bp上げ6.35%。一時は6.404%に達し、ユ ーロ導入以後の最高を更新した。独10年債に対する利回り上乗せ幅 (スプレッド)は453bp。3日にはユーロ導入以後の最高となる 462bpに達した。

欧州連合(EU)欧州委員会のバローゾ委員長はこの日、イタリ ア政府がIMFに対し、同国の緊縮策実施の監視を要請したことを明 らかにした。

◎英国債:上昇、ギリシャ不安で安全求める動き強まる

4日の英国債相場は上昇。5年債は週間ベースで7月以降で最大 の上げとなった。ギリシャで政権が崩壊するとの観測を背景に、比較 的安全とされる英国債の需要が高まった。

2年債は3日ぶりに上昇。この日発表された米雇用統計で10月 の雇用者数の伸びが鈍化したことから、米景気回復の足踏み兆候が示 された。ギリシャでは議会がパパンドレウ首相の信任投票を実施する 予定。同首相は大連立内閣樹立を3日に呼び掛けたが、最大野党・新 民主主義党のサマラス党首はこれを拒否している。

ロイズ・バンク・コーポレート・マーケッツの債券ストラテジス ト、エリック・ワンド氏(ロンドン在勤)は相場を動かす要因につい て、「経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)は脇に追いやられ、 欧州問題がすべてとなっている」と説明。「市場は状況が落ち着くと は納得していない」ため、それが短期債を支援していると付け加えた。

ロンドン時間午後4時43分現在、5年債利回りは前日比5ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.19%。同国債 (表面利率4%、2016年9月償還)価格は0.215上げ113.155。 週間では20bp低下し、7月29日終了週以降で最大の下げとなっ た。2年債利回りは前日比2bp下げて0.54%。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 小林 恭子 Kyoko Kobayashi +1-212-617-5230 kkobayashi39@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE