米BOA株価、一時4%安-バランスシート強化に伴う希薄化を懸念

4日午前のニューヨーク株式市 場では、米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)を中心に銀行株が下 落。BOAはバランスシート強化を計画しており、株式希薄化に対す る懸念が再燃している。

BOAは前日、優先証券を合わせて60億ドルの普通株と社債に 交換する可能性を示唆。計画が実施されれば、利払いや配当のコスト 削減につながり、資本レベルの上昇が見込まれる。規制当局への届け 出によれば、発行済み証券の価格が下げていることを利用し、新たに 株式4億株と優先債30億ドルを発行することも検討している。

同行のモイニハン最高経営責任者(CEO)にとって計画はバラ ンスシート強化に貢献し得るものである一方で、アナリストらは同C EOの信頼性を傷つける可能性を指摘している。住宅ローン問題に関 連した支出の財源として、BOAは新株発行を余儀なくされるとの懸 念から、同行の株式時価総額は今年減少した。モイニハンCEOは、 新株発行は必要ないと繰り返し述べてきた。

ロッチデール・セキュリティーズのアナリスト、リチャード・ボ ーブ氏は電話インタビューで、「株主の持ち分が希薄化しそうだが、 それは取るに足らない問題だ」とし、「大きな問題は、新株発行はし ないとこれまで言ってきたことであり、投資家にとっては言行が一致 しないことがあまりに多い」と指摘した。

ニューヨーク時間午前10時31分現在、BOAの株価は前日比

4.1%安の6.63ドルと、ダウ工業株30種平均銘柄やKBW銀行指 数の24銘柄中で最も下げが大きい。金融取引業規制機構(FINR A)の債券価格報告システム、トレースによれば、ニューヨーク時間 午前8時59分現在、BOAの無担保優先債(発行額20億ドル、 2021年5月償還)価格は0.5セント上昇して額面1ドル当たり

92.8セ ントとなっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE