ECBのシュタルク理事:恒久的な債券購入という「選択肢はない」

欧州中央銀行(ECB)のシュ タルク理事は、ECBが債券購入プログラムを恒久的に続けるという 「選択肢はない」と述べた。

シュタルク理事は4日、フランクフルトで記者団に対し、ECB による現行の債券購入プログラムは「一時的かつ移行期の措置でしか ない」と説明した。

ECBが12月に利下げするかとの問いには、3日の利下げ決定 は「予防的措置」だったとし、政策委員らは「向こう数週間」の景気 見通しについて「一段の悪化を予想した」と答えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Jeff Black in Frankfurt at +49-69-92041-205 or jblack25@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Gabi Thesing at +44-20-7673-2153 or gthesing@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE