米KKR:7-9月は5.92憶ドルの赤字、株式投資の評価損が影響

ヘンリー・クラビス氏とジョー ジ・ロバーツ氏が率いる米プライベートエクイティ(PE未公開株) 投資会社KKRの7-9月(第3四半期)決算は損益が赤字となった。 株式相場下落による評価損で投資損益が赤字となったことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。