インド株(終了):上昇、欧州債務危機への懸念緩和-週間はマイナス

4日のインド株式相場は上昇。 ギリシャが救済受け入れに近づいたとの見方が広がったほか、欧州中 央銀行(ECB)が利下げしたことを背景に、債務危機の影響が拡大 するとの懸念が緩和した。指標のセンセックス30種指数は週間ベー スではマイナスとなった。

インドのアルミ生産会社、ヒンダルコ・インダストリーズは

2.6%高。インド最大の2輪メーカー、ヒーロー・モトコープは1週 間ぶり大幅高となった。ギリシャが救済受け入れの是非を問う国民投 票の取りやめが確実となったほか、欧州中央銀行(ECB)が大方の 予想に反して政策金利を0.25ポイント引き下げ1.25%にしたこと から、世界的に株高の展開となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比80.68ポイ ント(0.5%)高の17562.61で終了。前週末比では1.4%下げた。 7日のインド株式市場は祝日のため休場となる。

KRチョクシー・シェアーズ・アンド・セキュリティーズ(ムン バイ)のマネジングディレクター、デベン・チョクシー氏は、「イン ド市場は引き続き欧州動向に反応している」と語った。

ヒンダルコ(HNDL IN)の終値は139.25ルピー。年初来では 44%下げている。ヒーロー(HMCL IN)は2.1%上げ2113.80ル ピーで引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE