ECBシュタルク理事:10-12月ゼロ成長も-国債購入は早期終了へ

欧州中央銀行(ECB)のシ ュタルク理事は4日、10-12月(第4四半期)がゼロ成長となる可 能性があると述べた。フランクフルトで講演した。

同理事はさらに、2012年に入っても成長は「極めて弱く」、こ れが「物価や賃金の動向に影響するだろう」と語った。ECBの債券 購入は不適切なインセンティブを与えるため、同中銀がこれを「でき る限り早期に」終了すると考えているとも述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE