ユーロ圏:10月総合景気改定値、46.5に下方修正-景気後退兆候

ユーロ圏のサービス業と製造業 の活動を示す10月のユーロ圏総合景気指数の改定値は速報値から下 方修正された。各国政府が域内債務危機の封じ込めで苦戦する中、リ セッション(景気後退)の兆候があらためて示された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。