英RBS:7-9月63%減益、投資銀が低調-追加人員削減も示唆

英銀ロイヤル・バンク・オブ・ スコットランド・グループ(RBS)の7-9月(第3四半期)の営 業利益は前年同期から63%減少した。欧州のソブリン債危機が証券 部門の収入に打撃を与えた。

4日の同行発表によると、第3四半期営業利益は債務評価調整 (DVA)と呼ばれる会計上の利益を除いたベースで、2億6700万 ポンド(約330億円)と、前年同期の7億2600万ポンドから減少 した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト6人の予想中 央値は3億4300万ポンドの利益だった。

スティーブン・ヘスター最高経営責任者(CEO)は「投資銀行 部門の第3四半期は小幅な黒字にとどまった。ほぼ同業他社並みだ」 とした上で、「第4四半期も厳しい環境が続く」との見通しを示した。

投資銀行の第3四半期収入は前四半期から29%減少の11億ポ ンドだった。

同行は追加の人員削減を計画していることを示唆した。ブルー ス・バンソーン最高財務責任者(CFO)は4日のブルームバーグテ レビジョンとのインタビューで人員削減について「結局、それが経費 を減らす道だ」とし、「近い将来に」あるだろうと述べた。

同行によると、ギリシャ国債の評価額は額面1ユーロに対し

0.37ユーロに引き下げた。1-6月期には0.5ユーロに引き下げ ていた。今回の評価替えは1億4200万ポンドの評価損につながった という。

純利益は12億3000万ポンド。前年同期は11億5000万ポン ドの赤字だった。純利益はDVAによる損益を含む。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE