クレディSの元石油取引責任者マッケナ氏、新ヘッジファンド設立

米JPモルガン・チェースやスイ スのクレディ・スイス・グループで石油取引を手掛けたキーラン・マ ッケナ氏はヘッジファンドを新設し、外部投資家からの資金受け入れ を来月から開始する。同氏の新会社マスティック・インベストメント・ アドバイザリーが明らかにした。

マスティック・インベストメントの電子メールによれば、スイス のツークに拠点を置くマスティック・コモディティー・ファンドは今 月、パートナーらの資金を基に石油・エネルギー関連商品の取引を開 始する。マッケナ氏(36)は7月に新会社設立のため、クレディ・ス イスを退社した。同氏はファンドの規模や対象について詳細には触れ ていない。新ファンドは市場間の価格差に着目するレラティブバリュ ー戦略を取るという。

マッケナ氏は2008年にJPモルガンからクレディ・スイスに移 籍。石油取引のグローバル責任者などを務めた。マスティック・イン ベストメントによると、それ以前にはシタデルのシカゴやロンドンの オフィスでシニア石油トレーダーとして勤務した経歴も持つ。同氏は 1997年にゴールドマン・サックス・グループでキャリアをスタートし、 北海原油やオプション取引を担当していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE