【日本株週間展望】レンジ相場逆戻り、ギリシャ暗雲-介入効果短命

11月2週(7-11日)の日本株は、 日経平均株価が8000円台後半のレンジ相場に逆戻りし、やや弱含みの 推移となりそうだ。収束方向にあった欧州の債務・金融システム問題 は、ギリシャ政局の混迷で再び流動化。政府・日本銀行の為替介入後 も円高懸念は拭えず、国内企業業績の下振れリスクもある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。