NY原油時間外:3カ月ぶり高値近辺-ギリシャ混乱収拾の兆しで

ニューヨーク原油先物相場は4日 の時間外取引で3カ月高値近辺の推移。ユーロ圏とギリシャが救済策 をめぐって歩み寄る兆しが出ていることで、世界経済が減速して燃料 需要が圧迫される懸念が後退した。

原油先物相場は小動き。前日の通常取引は1.7%上昇。週間では 5週連続の上昇になりそうだ。2009年4月以降で最長。ギリシャのベ ニゼロス財務相は3日、アテネの議会で救済策に関する国民投票を実 施しないと言明した。ブルームバーグが集計したデータによると、4 日の原油相場は94.84ドルの200日移動平均線を上抜けることができ なかった。

CMCマーケッツ(シドニー)の市場担当チーフアナリスト、リ ック・スプーナー氏は「欧州の債務危機を封じ込める可能性が出てく れば、リスクを取ろうという動きが強まる。低経済成長見通しでも供 給がまだひっ迫しているので、原油相場を下支えする」と述べた。

原油先物12月限は、シンガポール時間午前11時37分(日本時間 午後0時37分)現在、19セント安の1バレル当たり93.88ドルで推 移している。前日の通常取引は1.56ドル高の94.07ドルで引けた。終 値では8月1日以来の高値。今週に入って0.5%、年初来では2.6%の 上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE